UI and TRAVEL

妄想旅行へ出かけよう 暑いところが苦手だって 紛争があったって どこへだって行ける 過去にでも未来にでも どこへでも

ラノベの異世界はトルコにあった

こんにちはUIです。

 

今回の旅行のお手伝いは、トルコ!

前回お話ししましたが、歴史とかミステリーが大好きなんです。

 

uiiu.hatenablog.com

 なので今回は、歴史やミステリー、はたまた神話やラノベの異世界のような地。

トルコをご紹介します!

f:id:uiiu:20170615231759j:plain

 

 ではココで突然、問題!

イスタンブール!と答えた方はずれです。アンカラです。

カナダの首都やオーストラリアの首都くらいわかりづらい地名ですね。実際観光客が最も行くトルコの街はイスタンブールですので。

 

では次の問題!

  • ノアの箱舟が漂流したとされるアララト山のある国は!?
  • ギリシャ神話にて争いの女神エリスが、世界で最も美しい女神に黄金の林檎を捧げると林檎を投げ込み、パリスの審判から始まる戦争のトロイア戦争はどこの国が舞台?
  • 残酷な天使のテーゼが生まれるきっかけとなった国はどこ?
  • ダンブラウン著書インフェルノの最終舞台はどこ?
  • ナイキのロゴモチーフとなったニケの彫像のある国は?

 

答え

全部トルコ!そうですねトルコです。

僕はトルコで仕事をしていたんですが、この国は本当にいいところです!何がいいかというとまず、歴史的な建物があちらこちらにあるということですね。ブルーモスクやアヤソフィア、エフェソスといった歴史的にとても価値のある場所がたくさん!

トルコ料理がホントにうまい!僕のおすすめは、ミディエット!トルコ語の発音しか知らないのですが、屋台とか路面に売ってる、ムール貝に米とか香辛料を詰め込んで炊いた物にレモンをかけて食べるのがホントにうまい!イスタンブールだったらたぶん海辺の路面で売ってるので是非食べていただきたい!

あと普通のムール貝だけでもうまい! 絶対レモンをかけて食べてください。

f:id:uiiu:20170615234911j:plain

ちょっと雑な感じで売ってるんだけど、これを食べずにトルコに行った気になるなよと言いたいぐらいの物です。

料理については、また今度にしましょう。「これを食べずに行った気になるなよ世界旅行」って名前にします。

 

歴史を感じるならどこに行く?

まずは、イスタンブールから。ここはヨーロッパとアジアが混ざる場所でありながらも、イスラム教のモスクがあり色々な人種、宗教が入り乱れている不思議な街です。

アヤソフィアやブルーモスクに行き新市街に行って酒を飲めば、異世界で生活しているような気分に。ラノベの世界が現実に出てきたような雰囲気。今書いていて思いましたが、ほんとにラノベの異世界そのまんまって感じの国。ダンまちとかその辺に出てくる感じ!

 

次は自然の偉大さを感じる、カッパドキア・パムッカレ!

f:id:uiiu:20170616002856j:plain

写真はカッパドキアの気球ツアーです。朝早くだけど空気が澄んでいて気持ちがいい。

パムッカレは、石灰棚で有名な世界遺産。ここは夕方に行くのが一番いいですね。ちなみに行くのにはバスで何時間もかかるので頑張ってください。

 

最後は歴史ミステリーに出てくる観光地。

主にダンブラウン、ベンメズリック、ジェームズロリンズの本によく出てくるのですがイスタンブールは「バシリカシスタン」ダンブラウン著書のインフェルノの最終舞台。あとは、アヤソフィア、ブルーモスクなんかも出てきますね。

エフェソスの神殿は、ベンメズリック著書のイブの聖杯でアマゾネスの痕跡を見つける地です。ちなみにエフェソスはかなり遠いです。

あとは、ノアの箱舟があるとされているアララト山ですね。ここは、治安が悪すぎていけませんが…。

 

 

f:id:uiiu:20170616001524j:plain

この宮殿はインフェルノメデューサの首があるバシリカシスタンですが、ここにある水がどこから運ばれてきたのかわからないらしいですね。ミステリー!

アジアとヨーロッパが混ざる国

トルコ最大の魅力は、国としての在り方。

アジアとヨーロッパの文化が共存し、宗教が混在し、歴史が複雑に絡み合っている。これがトルコに行ったときに感じていただきたい魅力。神話があり、宗教があり、自然の偉大さを感じ、文化の共存を見ていただければトルコという国にはまるはずです。

異世界に行きたいのならトルコに行ってくのをおすすめします。

 

ではでは