UI and TRAVEL

妄想旅行へ出かけよう 暑いところが苦手だって 紛争があったって どこへだって行ける 過去にでも未来にでも どこへでも

○○な人が一番危険!海外で被害者にならない為のあれこれ

こんにちは。UIです。

 

近年、海外ではテロが多発していて怖いですね。

アメリカ、イギリスなど日本人もよく海外旅行で行く地域でテロが起こるんですからもはや他人事とは言えないです。。

テロなんていつ起こるか分からないし、襲われるのだって分かるわけない!予防なんてしようがないんだから、一番いいのは海外旅行に行かない事!

そんなことを考えている方が多くいると思います。

 

しかし、海外には日本にはない素晴らしい場所や風景がたくさんあります。

それを皆さんにも知って頂きたいですし、実際に足を運んで肌で感じて欲しいと思っています。

 

 

今回はこれから海外旅行に興味がある方や、留学、海外外旅行に行く方で危険になるべく危険にあわない為の予防、遭ってしまった時の対処法を2回に分けてお話しますね!

 

わたくしUIは、12歳の時にカナダのバンクーバーに初海外旅行、その後16歳の時にNY旅行、19歳でフランス、イタリアに旅行し20歳の時にバンクーバーに留学、22歳でトルコのイスタンブールにある旅行会社に就職し、その後何回か転職をし無職の今に至っております。そんなわたくしの日々の経験のお話です。

 

被害に遭いやすい人には共通点がある!?

 

海外ではいろいろな日本人に会いました。財布を盗まれた人、襲われた人、カモられた人、さらにはナイフで刺されてケガをした人もいました。

そんな被害に遭った人は共通点があります。

 

皆さんは、どんな人が一番海外旅行で危険な目に遭いやすいと思いますか?

 

1.海外旅行が初めて、もしくは数回しか行ったことが無い人

2.海外旅行に何回か言ったことがある人、もしくは半年ぐらい生活をしている人

3.何回も海外旅行に行きその地域を熟知している人、もしくは海外で何十年も生活している人

 

答えは2番です。

 

被害に遭った人は圧倒的に2番に該当する人が多いです。

 

なぜなのか?それは慣れです。

 

1番の人は、ガイドブックなどで危険な地域を入念に調べていくでしょう?

3番の人は、危険な地域はすでに知っているし、行ったとしても行ってもいい時間や日時をしっかりと把握しています。

 

2番の人はと言うと、危険な地域は理解しています。しかし、「大丈夫大丈夫!実際危なくないからー。」とか「全然怖くないよー」とか言ってそういった地域に足を踏み入れます。あとは、数人で行くと調子に乗って「慣れてるから大丈夫だよー」とか言ってる人が多くいます。

完全にアウトです。こういう調子に乗った人が一番被害に遭います。

 

被害に遭った人に話を聞くと、やはり危険地域での被害が多いです。

何故その場所に行ったのかと聞くと、「以前他の友達と行ったときは全然大丈夫だった」「前来たときは通行人もたくさんいたし、大丈夫だと思った」とか言っている人が多くいました。

 

勿論、1番、3番の人が絶対被害にあわないという訳ではありませんが、2番の人よりはすくないと思います。

 

 

被害にあわない為の予防法!

 

では、そういった被害にあわない為にどうすればいいのか?

 

 

これは基本中の基本なのですが、外務省のHPにある海外安全情報を調べ危険地域に指定されている地域には行かないという事が一番です。他の国に行きましょう。

外務省のHPでは危険地域として危険度をLv1-Lv4まで分類しています。Lvの振り分けがされていない地域は、安全地域となっています。

まずこの危険地域の分布図をしっかりと見て下さい。Lvが振り分けられている地域は例えLv1だとしてもかなり危険です。

 

ちなみにLv3以上の地域は基本的に渡航できませんし、Lv2でも外務省から注意勧告が直接来るほどです。基本的には行かないでください。

 

では、安全地域で被害にあわない為にはどうすればいいのか?

まずは、ガイドブックなどで危険な地域、時間帯を調べてそういった場所には近づかないことです。

もし、自分の行きたいお店などがそういった地域にあるのであれば、タクシーで行く。もしくは、日中の人通りの多い時間帯に行くことです。用が済んだらすぐにそこから立ち去ってください。

ガイドブックに載っていない場所でも、お店の窓枠に鉄格子がある地域とか、ホームレスがうろうろしている地域大きい教会で炊き出しがある地域は基本的に夕方ごろからは危険な地域に分類されますので、近寄らないようにしましょう。

歩いている人の服装や、お店の作りで昼は安全でも夜は危険な地域と察知できるようになります。夜のチャイナタウンスラム街、これは海外に住んでいる人向けのことですが家賃の安い地域こういった場所も危険です。

あとはなるべく裏道、路地裏などは通らないようにして、夜は繁華街以外は行かないようにしましょう。壁にペイントアートが多い所とかも危険ですね。

 

海外旅行を安全に楽しむために

 

被害者になるべくならない為には、お話したことを徹底することが大事だと思います。時には、危険を冒してもなんてことはありません。お金を奪われるだけならまだしも、命を落としてしまう危険だってあるんですから!

海外旅行を楽しく安全な物にするために、正しい知識を身に着けて楽しい、思い出にしましょう!!

 

次回は、被害に遭ったらどうするか?をお話しできればと思います。

 

ではでは