読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

And UI

旅行専門学校卒業後 カナダに留学。その後、トルコ旅行会社に就職しダーツバー、原宿のカフェで店長と2回転職をし、無職に至る。無職のUIがブログに挑戦。

はじめるぼっちダーツ~ダーツ初心者が常連になる為に~最終章~

今回は最終章!!常連になる為にすべき事をすべて伝えます!!これさえ読めば常連間違いなし!

白人男性, 三次元モデル, 孤立しました, 3 D, モデル, 完全なボディ

では早速

・【店員さん・常連さんとの会話】編

 最後の難題。。それは会話。。

「会話が続かない。。」

「何を話せばいいのかわからない。。」大丈夫です。読めば何とかなります。

 前回までの、ダーツを投げ終わって休憩中に店員さんが話しかけてくるまでの流れですね。そこからは、常連さんが話しに入ってきます。ここからは常連さんを含めた会話と、含めない会話で常連への道を目指します。まずは常連さんを含めた会話ver.です。

 店員さんと話していると大体、常連さんが会話に混じってきます。多くの常連さんは初心者と話したいのです。なぜなら自分がうまいのを自慢でき、すごいだの何だの無条件で褒めちぎってくれる存在。それが初心者。ダーツやってる人は「あの人うまーい」って言われたいんです。そして、多くの場合教えたがりです。

 常連さんにはまず「よく来るんですか?」とか「ダーツ暦長いんですか?」とか聞いておけば後は勝手に話し始めます。そして、会話をしているとおもむろにダーツをしに立ち上がり1人でダーツもしくは、ほかの常連と投げ始めます。まずはこの人たちを鑑賞しましょう。そして、戻ってきたら言うのです!!「ダーツうまいですね!!どうやって投げるんですか?」あとは、常連さんの投げ方講座が勝手に始まるので、ついていきましょう。ちょろい。本当にちょろい。「自分のダーツ持ったほうがいいよー」とか言われるのでこのとき購入できればなおいいですね。set upを教えてもらえ、なおかつその後の先生つきなんですから、すごいお得!!これが、常連さんver.ですなるべく、顔と名前は覚えておきましょう。

次は店員さんのみver.です。

 店員さんとの会話は、簡単です「ダーツってどうやって投げるんですかー?」だけで大丈夫です。それだけで会話になります。あとは店員さんの名前と顔を覚えて帰ってください。

 

最終編

・【退店・2度目の来店~そして常連へ~】編です。

今までのことをすべて終えると大体その日は会話する相手ができます。この人たちの顔と名前はなるべく覚えてください。次の来店で使える人たちなので。。

そして、店をでます。このときに常連さんに挨拶はしっかりしましょう。「また教えてください」だのなんだの適当に次ぎしゃべるきっかけを作っておきましょう。初日はここまでできれば完璧です。

 そして2回目の来店で、初日に話した人たちがいれば話しかけ、いなければ黙々と練習し話しかけ来るのを待ち会話。いれば、挨拶して話しかけるか待ちます。

今までのことさえすれば、これであなたも常連さん!!もう恐れることはないです。

 

常連さんだって始めて来店した日はみんなこんなもんです。怖がらず頑張ってくださいね!!

ダーツは友達がたくさんできるスポーツです。楽しく常連ライフを目指しましょー!!